歴史がつくるトリイソース

創業大正13年 変わらぬ想いと、進化する味

image01 大正13年(1924年)に私の曽祖父である鳥居芳太郎と祖父鳥居徳治がソース造りを始めました。当時、我が家の家業は農業をしていたのですが、次男の徳治は家で作った大根をたくあん漬けにして市場で売っておりました。新しいもの好きであった徳治は、市場で様々な食品を目にする中で、当時西洋醤油と言われていたソースに着目します。そして、醤油や酒はすでに造り手も多く、一般調味料の分野では、残されたフロンティアだったソースの製造に着手します。

浜松といえば、ホンダ・ヤマハ・スズキといった輸送機器や楽器等の工業製品の生産拠点であり、創業以来、トリイソース(創業当時はタカラソース)は浜松を中心にそういった地元の工場・食堂にソースを提供してまいりました。

そして、私の父であるニ代目の謙一は、さらなる当社の発展を考え、ジュースやもろみ醤油の製造など、ソース以外の分野にも取り組みます。ソースの分野では、当時は家庭用という概念がなく100%業務用のソースを製造していました。晩年、スーパーマーケットの普及と共に、家庭用ソースとして昔ながらのウスターソースを復刻。家庭用ソースの製造にも取り組むようになります。



image01 そして、三代目の私(大資)は、家庭用ソースの味をより一層高める工夫を現在行っております。また、二代目の時代(高度経済成長期)には、食の安定供給が何より求められたため、食品添加物をそれなりに使用しておりました。しかしながら、代替わりと同時に私は、食の安全に対する企業の責任として、できる限り食品添加物を使わない製法をとることにシフトしました。そして、2010年に発売した『オムライスをおいしくするソース』で、トリイソースで始めて完全無添加のソースを実現。その後、徐々にその商品数を増やし、トリイのウスターソース、トリイの中濃ソースをはじめ、9商品が完全無添加となっております。

大正13年の創業以来、三代に渡り築き上げてきた地元ソース屋としての手法が当社にはあります。また、創業以来使い続けている木樽は、今も変わらず当社の味の礎です。しかし、時代と共に食の嗜好は変わります。また、技術の発展と共にソースをかける食べ物自体の品質も変わります。当社では、これまでに培った技法を基にしつつも、現代に有ったソースの製造を行ってゆきます。



ここが違う!トリイソース3つの味の秘密

その1日本で唯一の製法で行う木樽熟成

数多くのスパイスを配合して作るソースでは、それぞれのスパイスの良さを抽出してブレンドすることで最良の味になります。
トリイのウスターソースでは、国内唯一の製法である低温二段抽出法を採用することで、それぞれのスパイスに最適な温度と時間で旨味を抽出し、まろやかなスパイスの風味を演出します。

当社のソースの味は、当社だから出せる味だと自負しています。
なぜなら、熟成は創業時から使い続ける木の桶で行うからです。
木は呼吸します。90年使い続けている桶だからこそ、そこにこれまで幾度と無く作り上げられたソースの味が加わり、まろやかな味わい深いソースが出来上がるのです。
image03

その2感じる野菜

通常ウスターソースでは、野菜を煮込んだ後、その煮汁だけをソースに使用し、野菜は捨ててしまいます。
しかし、当社のソースはせっかくの野菜のうまみを100%生かすために、あえてその野菜を捨てずに粉砕したものを木桶で熟成させることによって、立体感のある味に仕上げています。
ソースの底に残ったわずかな固形分が、実はトリイの味の秘密なのです。
image01

その3まろやかな香辛料の風味

image02
通常香辛料といえば刺激的な味を思い浮かべると思います。しかし、当社のウスターソースが醸し出すのは“まろやか”な香辛料の風味です。
ソースを作る際には、香辛料を粉砕し、パウダーにしてソースに混ぜる場合がほとんどです。しかしながら、パウダーに粉砕せずに、原形のままの香辛料をソースに漬け込みます。
それは1ヶ月という熟成期間を設けているトリイソースだからこそ、粉砕しなくても、香辛料の風味を十分に加えることが出来るからです。
その結果、刺々しさのない、ソースになじむ“まろやかな”風味になっております。