浜松・浜名湖地域を舞台とした映画をつくろう!


全国の高校の書道科が18校ある内、
その中の2校が、この浜松にあります。


この地域が意外にも書道が盛んだということで、
書道をテーマにした映画づくりに
トリイソースも協力しました。


太田隆文監督から
「昭和から続くレトロ感があり、
地元の人々に愛されているお店で、
且つ映画の撮影が可能な
有る程度スペースのあるところ」で
撮影したいという希望。


この希望に応えるべく、
市内にある複数の遠州焼きのお店に
監督を連れていって、
お眼鏡にかなったお店が
天竜川町の「かどや」さん。


「オール浜松でいこう」という監督の精神の下、
映画の様々なシーンで
浜松メイドのものがお目見えします。
その中の一つにトリイソースがあります。
映画は10月より
浜松・浜北東宝シネマズで上映され、
現在も磐田東宝シネマズ・シネマイーラで
上映されています。


写真以外にも随所に
様々なトリイソースがお目見えします。


私が数えただけでも8回登場してきました。
この映画を見るのが2回目以降の方には、
是非とも何回登場したか数えて頂きたい
くらいに登場してきます。
是非ともご覧になってください


http://www.shodogirls.jp/index.html

イメージ風景1
真子(相葉香凛)とみさと(草刈麻有)がなじみのコロッケ定食屋さん(天竜川町の「かどや」さん)にて


真子(相葉香凛)が完熟ソースを持ちながら人生について考えているシーン


コロッケ定食屋のお店の人やお客さんが書道コンクールの審査結果を見守るシーン